<産業資料/調査レポートの題名> 2022年6月15日

協働ロボット市場(COVID-19インパクト分析付き):コンポーネント別、ペイロード別(5キロまで、5~10キロ、10キロ以上)、用途別(ハンドリング、プロセッシング)、産業別(自動車、家具・設備)、地域別-2027年までの世界予測

“協働ロボット市場は、2021年に12億米ドルから成長し、2027年には105億米ドルに達すると予測され、予測期間中に43.4%のCAGRで成長すると見込まれています。”
あらゆる規模の企業にとって協働ロボットは適応が容易でメリットが大きいこと、COVID-19の不測の事態により電子商取引や物流業界で協働ロボットの需要が高まっていることなどが、協働ロボット市場の成長を促進しています。しかし、重厚長大産業では、コボットよりも可搬質量の低い従来型の産業用ロボットが好まれることが、協働ロボット市場の成長を制限する主な要因となっています。

“予測期間中、協働ロボット市場ではハードウェアコンポーネントが大きなシェアを占めることが予想されます。”
協働ロボット市場では、予測期間を通じてハードウェアコンポーネントがより大きなシェアを占めると予想されています。ハードウェアシステムは、ロボットアーム、エンドエフェクタ、コントローラ、ドライブ、センサー、モーター、電源などで構成され、協働ロボットのコストの大部分を占めています。近年、エンドエフェクタやコントローラなどのロボットアクセサリの市場が急増しています。今後、エンドエフェクターは、機械学習ソフトウェアや安全機能のEOAT本体への搭載が進み、マシンビジョンを用いた環境への適応機能と相まって、より高度な技術が求められます。また、エンドエフェクタ以外にも、遠隔地や手の届きにくい場所にある産業作業を遠隔監視するために、協働ロボットにビジョンシステムを導入する需要も高まっています。このように、ハードウェア面での技術開発は、協働ロボットの全体的な機能を向上させ、成長の原動力となります。したがって、ロボットアーム、コントローラ、エンドエフェクタなどのハードウェアの個々の需要は、協働ロボット市場におけるハードウェアの全体的な需要に貢献しています。

“エレクトロニクス産業の市場は、予測期間中に最も高いCAGRを記録する。”
予測期間中に最も高いCAGRで成長するエレクトロニクス産業の市場。エレクトロニクス産業では、コストが安く、サイズが小さいため生産現場に容易に組み込むことができる低可搬質量(最大5kg)のコボットの採用が進んでいます。低可搬質量のコボットは、他のマクロアプリケーションに比べてエラーの許容範囲が非常に小さいため、電子部品や繊細な回路基板の取り扱いや組み立てを人間と一緒に行うなどの用途でエレクトロニクス業界で使用されています。これらのコボットは、電子機器製造において、はんだ付け、接着、ディスペンシングなどの作業も行います。一方、エレクトロニクス業界では、箱の中の電子部品の損傷を防ぐための梱包やパレタイジングなどの用途に、より高い可搬質量(10kg以上)を持つコボットが採用されています。エレクトロニクス業界の生産要件は、技術開発に合わせて常に進化しており、コボットは迅速にプログラムを変更してアイドルタイムを最小限に抑えることができます。

また、コボットは比較的小さなサイズであるため、電力効率や精度を損なうことなく、より多くの電子設計や部品をますます小さなユニットに統合することができます。賃金の上昇や競争の激しいエレクトロニクス業界では、予測期間中、Cobotの導入が最も急速に進むと予想されます。

“組立・分解用途の協働ロボット市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長する。”
Collaborative Robot市場では、Assembling & Disassembling applicationが最も成長率の高いセグメントになると予想されています。組立・分解アプリケーションには、ねじ回しやナット締めなどのサブタイプがあります。協調型ロボットは、従来のハンドヘルド型のねじ回しシステムよりも高い再現性(最大0.1mm)を持ち、適切なトルクと深さを提供し、作業者と一緒に働くことができ、ビジョンシステムとの統合も容易であるため、HRCの組立・分解用途に最適です。スマートフォンやハードディスクドライブなどの電子機器が軽量化されていることから、電子機器業界がロボットによるネジ締めの需要を牽引しています。ナット締めアプリケーションに関しては、自動車産業において、流体搬送部品やトランスミッション部品などの中・大型ワークのナットを自動車組み立て時に締め付けるために、協働ロボットがこのアプリケーションに広く採用されています。このように、エレクトロニクス産業や自動車産業では、組立・分解用途に協働ロボットが多く採用されています。

“予測期間中、欧州が協働ロボット市場で大きなシェアを占める”
欧州は、予測期間中、協働ロボット市場でかなり大きなシェアを占めると予想されます。欧州では、自動車、ヘルスケア、エレクトロニクス産業の成長が、同地域の協働ロボット市場の成長を牽引します。ドイツは欧州における協働ロボットの最大市場です。ドイツでは自動車産業が非常に盛んで、協働ロボットの需要に最も貢献しています。電気自動車やハイブリッド車の登場により、協働ロボットは自動車業界で採用されています。協働ロボットの需要に2番目に大きく貢献しているのは、ドイツのエレクトロニクス産業です。この強力な製造業が、ドイツの協働ロボット市場の成長を加速させると期待されています。さらに、COVID-19の有事による電子商取引や物流業界での採用に向けた協働ロボットの需要の高まりが、今後数年間の協働ロボットの売上を押し上げると予想されます。

二次調査で得られたいくつかのセグメントやサブセグメントの市場規模を決定し検証する過程で、協働ロボット市場の主要な業界専門家に広範な一次インタビューを行いました。

本レポートにおける主要参加者の内訳は以下の通りです。
- 企業タイプ別。企業タイプ別:ティア1-40%、ティア2-30%、ティア3-30
- 呼称別 Cレベルエグゼクティブ – 40%、ディレクター – 40%、その他 – 20
- 地域別 北米-40%、APAC-30%、欧州-20%、RoW-10

当レポートでは、協働ロボット市場の主要プレイヤーを紹介し、それぞれの市場ランキングを分析しています。著名なプレイヤーは、Universal Robots(デンマーク)、FANUC(日本)、ABB(スイス)、Techman Robot(台湾)、KUKA(ドイツ)、Doosan Robotics(韓国)、Denso(日本)、YASKAWA(日本)、Precise Automation(米国)、Rethink Robotics(米国)、MABI Robotic(スイス)、FrankaEmika(ドイツ)、Comau(イタリア)、F&A(米国)、MABI Robotic(スイス)です。Comau(イタリア)、F&P Robotics(スイス)、Stäubli(スイス)、Bosch Rexroth(ドイツ)、Productive Robotics(米国)、Wyzo(スイス)、Neura Robotics(ドイツ)、Elephant Robotics(中国)、ELITE ROBOT(中国)、Kassow Robots(デンマーク)、SIASUN(中国)、MIP Robotics(フランス)、Hanwha Corporation(韓国)。

リサーチカバレッジ
この調査レポートでは、協働ロボット市場をタイプ、コンポーネント、ペイロード、アプリケーション、産業、地域別に分類しています。また、協働ロボット市場に関連する主要なドライバー、阻害要因、課題、機会を説明し、2027年まで予測しています(COVID-19が市場に与える影響の分析を含む)。また、協働ロボットのエコシステムに含まれるすべての企業のリーダーシップマップと分析も掲載しています。

本レポートを購入する主なメリット
本レポートは、この市場のリーダー/新規参入者にとって以下のような点で役立つでしょう。
1. 1. 協働ロボット市場を包括的にセグメント化し、各地域のすべてのサブセグメントについて、最も近い市場規模の予測を提供します。
2. 2. 本レポートは、ステークホルダーが市場のパルスを理解するのに役立ち、市場成長の主要なドライバー、拘束力、課題、機会に関する情報を提供します。
3. 本レポートは、ステークホルダーが競合他社をよりよく理解し、ビジネスにおける地位を向上させるための洞察を得るのに役立つでしょう。競合環境のセクションでは、競合他社のエコシステム、製品の開発と発売、パートナーシップ、M&Aなどを紹介しています。
4. 上位25社の分析は、市場のランクだけでなく、製品のフットプリントの強さに基づいて、ステークホルダーがこれらの主要プレーヤーの市場でのポジショニングを可視化するのに役立ちます。
5. 5.特許分析、貿易データ、今後数年間に市場を形成するであろう技術動向についても本レポートで取り上げています。

https://www.marketreport.jp/collaborative-robot-market-covid19-impact-se4480

1 はじめに 38
1.1 調査目的 38
1.2 定義と範囲 38
1.2.1 対象となるものとならないもの 39
1.3 調査範囲 40
図1 協働ロボット市場のセグメンテーション 40
1.3.1 考慮した年数 41
1.4 通貨および価格単位 41
1.5 考慮した数量単位 41
1.6 ステークホルダー 42
1.7 変化の概要 42
2 調査方法 44
2.1 調査データ 44
図2 協働ロボット(Cobot)市場:調査デザイン 44
2.1.1 二次データ 45
2.1.1.1 主な二次資料 45
2.1.1.2 二次情報源からの主要データ 46
2.1.2 一次データ 46
2.1.2.1 一次情報源からの主要データ 47
2.1.2.2 一次資料の内訳 47
2.1.3 二次および一次調査 48
2.1.4 業界の主要な洞察力 49
2.2 市場規模の推定 49
2.2.1 ボトムアップアプローチ 49
49 2.2.1 ボトムアップアプローチ 49 2.2.2.1 ボトムアップアプローチ 43 米国における協働ロボットの需要 50
図4 協働ロボット市場:ボトムアップアプローチ 50
2.2.2 トップダウン・アプローチ 50
図5 市場規模予測の方法論[アプローチ2(供給側)]:米国における協働ロボットの需要50 協働ロボット市場における製品からの収益 51
図6 市場規模予測手法[アプローチ2(サプライサイド)]:協働ロボット市場における製品からの収益 51 協働ロボット市場における一企業の収益予測の例 52
図7 協働ロボット市場:トップダウンアプローチ 52
2.2.3 市場予測 52
表1 市場成長の仮定 53
2.3 市場の内訳とデータの三角測量 54
図8 データの三角測量 54
2.4 調査の前提条件 55
2.4.1 仮定 55
2.5 制限事項 55
2.6 リスク評価 56
3 エグゼクティブ・サマリー 57
図9 covid-19の世界的な伝播 58
表2 世界経済の回復シナリオ 58
3.1 現実的なシナリオ 59
3.2 楽観的シナリオ 59
59 3.3 悲観的なシナリオ 59
図10 現実的シナリオ、楽観的シナリオ、悲観的シナリオにおける協働ロボット市場の成長予測 60
図11 協調型ロボット市場におけるCovid-19の影響 61
図12 予測期間中、可搬質量が5 kgまでのコボットが協働ロボット市場を支配する 62
図13 予測期間中、ソフトウェアコンポーネント市場は高い成長率を示す 62
図14 予測期間中、協働ロボット市場を支配するのはハンドリングアプリケーション 63
図15 予測期間中に最も急速な成長を遂げるエレクトロニクス産業向け市場 64
図 16 2021 年の協働ロボット市場ではアジアが最大のシェアを占める 65
4 プレミアムインサイト 67
4.1 協働ロボット市場における魅力的な機会 67
図17 従来の産業用ロボットシステムと比較して、協働ロボットの高い投資収益率(ROI)が市場の成長を促進すると予想される 67
4.2 協働ロボット市場:ペイロード別 67
図18 予測期間中、可搬質量が5~10 kgの協働ロボット市場が最も高い成長率を示す 67
4.3 協働ロボット市場:アプリケーション別 68
図19 2021年にはハンドリングアプリケーションが市場の最大のシェアを占める 68
4.4 協働ロボット市場:産業別 68
図20 2021年の協働ロボット市場では、自動車産業が最大のシェアを占める 68
4.5 アジア太平洋地域の協働ロボット市場:産業別 vs. 国・地域別 69 国・地域別 69
図21 2021年、アジア太平洋地域の協働ロボット市場では、産業別では自動車産業が、国別では中国が最大のシェアを占める 69
4.6 協働ロボット市場(国別) 70
図22 2021年の協働ロボット市場では、米国が最大のシェアを占める 70
5 市場の概要 71
5.1 導入 71
5.2 協働ロボットの新たなアプリケーション 71
5.3 市場ダイナミクス 72
図23 協働ロボット市場における推進要因と機会の影響 73
図24 協調型ロボット市場における阻害要因と課題の影響 74
5.3.1 ドライバー 74
5.3.1.1 従来の産業用ロボットシステムと比較した場合の高い投資収益率 74
5.3.1.2 COVID-19の不測の事態による電子商取引および物流業界での需要の増加 75
表3 世界のEコマース売上高 76
表4 2020年のB2C電子商取引指数の上位10カ国 76
5.3.1.3 あらゆる規模のビジネスに恩恵をもたらす協働ロボット 77
5.3.1.4 協働ロボットのプログラミングが容易になる 77
5.3.2 阻害要因 78
5.3.2.1 大型産業ではコボットよりも可搬重量の少ない従来型の産業用ロボットが好まれる 78
5.3.3機会 78
5.3.3.1 AMRやAGVと組み合わせた協働ロボットが大きな市場機会をもたらす 78
5.3.3.2 サービス付きロボットモデルが協働ロボットの採用を加速 79
5.3.3.3 COVID-19後のヘルスケア業界における自動化の需要の高まり 80
5.3.4 課題 80
5.3.4.1 協調型ロボットの固有のデザインによる可搬重量と速度の制限 80
5.3.4.2 協働ロボットの新規格への対応と、コネクテッドロボットにおけるサイバーセキュリティの課題 81
5.4 サプライチェーン分析 81
図25 協働ロボットのエコシステムのサプライチェーン分析。
研究開発と製造段階が最大の価値を生む 81
5.4.1 資金の計画と修正 82
5.4.2 研究開発(R&D) 82
5.4.3 製造 83
5.4.4 組立、流通、アフターサービス 83
5.5 エコシステム/市場マップ 84
図26 協働ロボットのエコシステム 84
表5 エコシステムにおけるプレイヤーとその役割 84
5.5.1 協働ロボットOEMS 85
5.5.2 サプライヤー 85
5.5.3 ロボットインテグレーター 85
5.5.4 ディストリビューター 86
5.5.5 IT/ビッグデータ企業 86
86 5.5.6 リサーチセンター 86
5.6 ポーターズファイブフォースモデル 86
表6 協働ロボット市場:ポーターズファイブフォース分析 86
図27 協働ロボット市場:ポーターズファイブフォース分析 87
5.6.1 競合他社との競争の激化 87
5.6.2 サプライヤーのバーゲニング・パワー 87
5.6.3 買い手のバーゲニング・パワー 88
5.6.4 競合他社の脅威 88
5.6.5 新規参入者の脅威 88
5.7 顧客のビジネスに影響を与えるトレンド 88
図28 顧客の収益の変化:自動車、電気・電子、医薬品・化粧品、物流の各業界を対象とした場合 89
5.8 ケーススタディ 89
5.8.1 オートモーティブ 89
5.8.1.1 AUDIは溶接部のチェックにファナックの協働ロボットを使用 89
5.8.1.2 Beijing BAI Lear Automotive System Co. Ltd. (BAI Lear Automotive System Co.Ltd.はUniversal Robotsの協働ロボットを導入しました。
5.8.1.3 フォードがエンジンオイルの自動充填にユニバーサルロボットの協働ロボットUR10を3台導入 89
5.8.1.4 BMW は KUKA LBR iiwa を車体製造における部品の挿入に使用 90
5.8.1.5 日産自動車がユニバーサルロボットのUR10ロボットを横浜の生産工場に導入 90
5.8.1.6 フォード社が KUKA LBR iiwa で車両生産ラインを自動化 90
5.8.1.7 アルプラコーポレーションはユニバーサルロボットのUR3とUR5を使用して生産ラインを自動化しました 90
5.8.1.8 Robert Bosch 社は APAS アシスタントロボット 2 台をユーティリティービークルのディ ーゼルインジェクションシステムの生産設備に使用しました 90
5.8.1.9 Bajaj Auto Limitedはユニバーサルロボットのロボットを使用して同社の二輪車製造施設の組立ラインを自動化した 90
5.8.2 エレクトロニクス 91
5.8.2.1 Blue Star LimitedはUniversal RobotsのコラボレーティブロボットUR10を導入し、 品質不良ゼロへの道を切り開いた 91
5.8.2.2 InPrint社は、ピックアンドプレースアプリケーションの最適化のためにユニバーサルロボットの協働ロボットを導入 91
5.8.2.3 Beyerdynamic社はユニバーサルロボットのコラボレーティブロボットUR3とUR5を使用して品質と生産性を向上させました 91
5.8.2.4 ASM Assembly Systems社はKUKA LBR iiwaロボットを使用して電子産業向けのSMTラインを最適化 91
5.8.2.5 ABB社はYuMi協働ロボットをチェコ共和国のJablonec nad Nisouにある低電圧製品工場に導入 91
5.8.2.6 ASM Assembly Systems社は、Rethink Robotics社のSawyerロボットを工場の自動化に導入 92
5.8.2.7 Robert Bosch社が自動車ステアリングシステム用EPSコントロールユニットの生産設備として
自動車用ステアリングシステムのEPSコントロールユニットの生産設備としてAPASロボットを導入 92
5.8.2.8 P4Qエレクトロニクスは、スマートで適応性のある自動化を導入することで、生産スループットを25%向上させました。
92 5.8.2.8 P4Q electronics社は、スマートで適応性のあるオートメーションを工場に導入し、生産スループットを25%向上させた。
5.8.3 金属・機械 92
5.8.3.1 All Axis Machining社はUniversal Robots社のコラボレーティブロボットを導入し、従来の機械の自動化を実現 92
5.8.3.2 Carl Zeiss India は生産性の向上のために Universal Robots の UR5 を導入 92
5.8.3.3 STAMIT 社は多品種少量生産ラインにユニバーサルロボットの UR10 を導入 93
5.8.3.4 Fitzpatrick Manufacturing社は品質テストにSawyerロボットを導入 93
5.8.3.5 Aircraft Tooling, Inc.は金属粉とプラズマスプレーの工程に Universal Robotsの協働ロボットを導入 93
5.8.3.6 Stihl 社はカットオフソーの包装ラインに FANUC CR-35iA の協働ロボットを導入しました。
5.8.3.7 BAUMRUK & BAUMRUK 社は小型部品をミリングセンターにロードするプロセスを自動化しました 93
5.8.4 家具・設備 94
5.8.4.1 ASSA ABLOYはユニバーサルロボットのUR5ロボットを導入し、職場の健康と安全の課題を克服しました 94
5.8.4.2 Etalexは金属部品のピックアンドプレースのためにUniversal RobotsのUR10ロボットを導入 94
5.8.4.3 ModuFormは労働者の不足を解消するためにRethink RoboticsのSawyerロボットを導入 94
5.8.4.4 Acron Sales CompanyはRethink RoboticsのSawyerロボットを導入し、スループットの維持、製品品質の向上、外部サプライヤーへの依存度の低減を実現 94
5.8.4.5 Assa Abloy社はRethink Robotics社のSawyerロボットを使って、大量のヒンジの組立・包装ラインを自動化しました 94
5.8.4.6 Voodoo Manufacturing社はUniversal Robots社のコラボレーティブロボットを使用して積層造形プロセスを自動化 95
5.8.5 プラスチックとポリマー 95
5.8.5.1 2K Trend A.S.は、労働力不足の解消と生産の自動化のためにユニバーサルロボットのUR10を導入 95
5.8.5.2 Cox Container社はRethink Robotics社のSawyerロボットを導入し、工場の生産性を向上させた 95
5.8.5.3 Plastic Molded Concepts (PMC)は成形機の効率化のためにRethink RoboticsのSawyerを導入 95
5.8.5.4 Harrison Manufacturing社は、ミシシッピ州ジャクソンの工場にリシンクロボティクスのSawyerを導入 96
5.8.5.5 Tennplasco社は射出成形市場での競争力強化のためにRethink Robotics社のSawyerを導入 96
5.8.5.6 Trelleborg Sealing Solution社は、Universal Robots社の42台の協働ロボットを使って、CNC機械のマシンテンディングを自動化 96
5.8.6 パーソナルアシスト 96
5.8.6.1 ISAK GmbHは、組立工程における人間とロボットのコラボレーションの可能性を追求している 96
5.8.6.2 RCM Industriesは、施設内でCOVD-19が発生するリスクを抑制するために ユニバーサルロボットを導入 96
5.8.7 食品・飲料 97
5.8.7.1 Cascina Italia社は効率向上のためにUniversal Robotsの協働ロボットを導入 97
5.8.7.2 Orkla foods社は生産と包装の効率化のためにユニバーサルロボットのコラボレーティブロボットUR10を導入 97
5.8.7.3 Bischofszell Nahrungsmittel AGはABBのコラボレーティブロボットYuMiを使用してラベリングプロセスの精度を向上 97
5.8.7.4 Rieber GmbH & Co. KG は、ロバート・ボッシュの APAS アシスタントを使用して、工業用厨房におけるプロセスとロジスティックの自動化を実現しました 97
5.8.7.5 アトリア・スカンジナビアでは、ラベル貼り、包装、パレタイジングの作業を協働ロボットで最適化 98
5.8.7.6 カシーナ・イタリアでは、ユニバーサルロボットのUR5を導入し、ビジネスの柔軟性と効率性を向上させた 98
5.8.8 製薬と化学 98
5.8.8.1 Glidewell Laboratories社は協働ロボットを使用して生産時間を最適化 98
5.8.8.2 コペンハーゲン大学病院では、分析用の血液サンプルの処理と仕分けに協働ロボットを使用 98
5.8.8.3 グライドラボラトリーズ社では協働ロボットを使用して、歯科用クラウンの迅速な製造のために機械の手入れ作業を容易にしています 98
5.8.8.4 MARKA社はボトルキャップの正確な位置決めと締め付けに協働ロボットを使用 99
5.8.9 教育 99
5.8.9.1 PSG College of Technology(インド)では、ロボット工学プログラムにユニバーサルロボットの協働ロボットを導入 99
5.8.9.2 エディンバラ大学のEPSRC博士養成センター(CDT)は、Rethink Robotics社のBaxterロボットを2台購入 99
5.8.9.3 ハートフォードシャー大学のコンピュータサイエンス学部にリシンク・ロボティクスのBaxterロボットを導入 99
5.8.10 科学的研究 100
5.8.10.1 iQLANDIAサイエンスセンター(チェコ共和国) ロボット技術の進歩を展示する目的でユニバーサルロボットを導入 100
5.8.10.2 AGH科学技術大学(ポーランド)は、ロボット専門のステーションのために ユニバーサルロボットを導入 100
5.8.10.3 Aurolab社は、マテリアルハンドリングとピックアンドプレース作業の自動化のために協働ロボットを導入しました 100
5.8.11 その他 100
5.8.11.1 LEM Optical社はレーザーマーキングとディスペンシングのプロセスを最適化するために協働ロボットを導入 100
5.9 技術分析 101
5.9.1 キーテクノロジー 101
5.9.1.1 協働ロボットへの組み込みビジョンの統合 101
5.9.1.2 移動ロボット技術と協働ロボットの融合 101

5.9.2 補完的技術 102
5.9.2.1 産業用製造業における産業用モノのインターネット(IIoT)とAIの普及 102
5.9.2.2 ロボットのマニピュレーションにおける革新的なグリッパーの採用 103
5.9.3 隣接技術 103
5.9.3.1 産業用製造業における5Gの普及 103
5.10 貿易分析 104
5.10.1 輸入シナリオ 104
5.10.1.1 産業用ロボットの輸入シナリオ 104
表7 産業用ロボットの輸入、2012年~2020年(百万米ドル) 105
5.10.2 輸出シナリオ 105
5.10.2.1 産業用ロボットの輸出シナリオ 105
表8 産業用ロボットの輸出額、2012-2020年(百万米ドル) 105
5.10.3 特許分析 106
表9 様々なタイプの協働ロボットの特許出願状況。
2018-2020 106
図29 2010年から2020年の間に公開された協働ロボットの特許 112
図30 2010年から2020年の間に特許出願数が最も多かった企業トップ10 112 112 図30 2010年から2020年の間に特許出願数の多い上位10社 112
5.11 関税 113
表10 米国が輸出する産業用ロボットの総輸入関税額 113
表11 中国が輸出する産業用ロボットのメーカー別関税額 114
5.11.1 産業用ロボットに対する関税のプラスの影響 114
5.11.2 産業用ロボットに対する関税の負の影響 114
5.11.3 規制と規格 114
5.11.3.1 北米諸国における規制と規格 114
5.11.3.2 欧州諸国における規制と規格 115
5.11.3.3 APAC諸国における規制と規格 115
5.11.3.4 協働ロボットを管轄する規制・規格 115
5.12 平均販売価格の推移 116
表12 可搬質量に基づく各種産業用ロボットの平均販売価格 116
図31 様々な可搬質量の協働ロボットの平均販売価格動向 117
図32 様々な産業で採用されているコボットの平均販売価格の傾向 118
6 協働ロボット(コボット)市場、可搬質量別 119
6.1 導入 120
表13 協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(百万米ドル) 120
図33 予測期間中、可搬質量が5 kgまでのコボットが最大のシェアを占める 120
表14 協働ロボット市場、可搬質量別、2021年~2027年(百万米ドル) 120
表15 協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(単位) 121
表16 協働ロボット市場、積載量別、2021年~2027年(単位) 121
6.2 最大5kg 122
6.2.1 可搬重量が5kg以下のコボットは本質的に安全である 122
表17 可搬重量が5 kgまでのコボットを提供する企業 122
表18 可搬質量が5 kgまでの協働ロボット市場。
アプリケーション別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 123
表19 可搬重量が5kgまでの協働ロボット市場の
アプリケーション別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 123
表20 最大積載量5 kgまでの協働ロボット市場、アプリケーション別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 123
アプリケーション別、2017年~2020年(台数) 124
表21 最大可搬質量5 kgまでの協働ロボット市場、アプリケーション別、2017-2027年(単位
アプリケーション別、2021年~2027年(台) 124
表22 最大可搬質量5 kgまでの協働ロボット市場、産業別、2017~2020年(単位:百万米ドル) 125
表23 最大積載量5 kgまでの協働ロボット市場、産業別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 125
6.3 5~10kg 126
6.3.1 可搬重量が5~10 kgのコボットのほとんどは、内蔵の力センサーを装備できる 126
表24 可搬重量5~10 kgのコボットを提供する企業 127
表25 可搬重量5~10 kgの協働ロボット市場、用途別、2017~2020年(米ドル) 127
表26 可搬重量5-10 kgの協働ロボット市場、アプリケーション別、2021-2027年(百万米ドル) 128
表27 可搬重量5-10 kgの協働ロボット市場、アプリケーション別、2017-2020年(単位) 128
表28 可搬重量5-10 kgの協働ロボット市場、アプリケーション別、2021-2027年(台) 129
表29 可搬重量5~10 kgの協働ロボット市場、産業別、2017~2020年(単位:百万米ドル) 129
表30 可搬重量5-10 kgの協働ロボット市場、産業別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 130
6.4 10kg以上のロボット 131
6.4.1 ロボットハードウェアの進歩により、メーカーは可搬重量が10kgを超える協働ロボットを開発可能 131
表31 可搬重量が10 kgを超える協働ロボットを提供する企業 131
表32 可搬重量が10kgを超える協働ロボット市場。
アプリケーション別、2017-2020年(百万米ドル) 132
表33 可搬重量が10kgを超える協働ロボット市場の
アプリケーション別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 132
表34 可搬重量が10 kgを超える協働ロボット市場。
アプリケーション別、2017-2020年(単位) 132
表35 可搬重量10 kg以上の協働ロボット市場:アプリケーション別、2021-2027年(単位
アプリケーション別、2021-2027年(台) 133
表36 可搬重量10 kg以上の協働ロボット市場:産業別、2017-2020年(単位
産業別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 133
表 37 可搬重量 10 kg 以上の協働ロボット市場、産業別、2017-2020 年(米ドル) 133
産業別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 134
7 協調ロボット(コボット)市場、コンポーネント別 136
7.1 導入 137
表38 協働ロボット市場、コンポーネント別に見ると
2017-2020年(百万米ドル) 137
表39 協調型ロボット市場、コンポーネント別。
2021-2027年 (US$百万) 137
7.2 ハードウェア 138
表40 協働ロボットのハードウェア市場、コンポーネント別。
2017-2020年 (US$百万) 139
図34 ハードウェアコンポーネントの市場では、予測期間中にロボットアームが最大のシェアを占める 139
表41 協働ロボットのハードウェア市場、コンポーネント別。
2021年~2027年(単位:百万米ドル) 140
7.2.1 ロボティックアーム 141
7.2.1.1 ロボットアームの設計はISO/TS 15066規格で定義されている 141
7.2.2 エンドエフェクターまたはエンドオブアームツール(EOAT) 141
7.2.2.1 溶接ガン 141
7.2.2.1.1 協働ロボットのハンドガイダンス機能が溶接作業を容易にする 141
表42 ロボット型溶接ガンを製造するプレイヤー 142
7.2.2.2 グリッパー 142
7.2.2.2.1 空圧式 143
7.2.2.2.1.1 空気圧式グリッパーは動作に外部からの空気供給が必要 143
7.2.2.2.2 電動式 143
7.2.2.2.1 電動式グリッパーは、他のグリッパーと比較して、プログラムと操作が最も簡単である 143
表 43 電動グリッパーを製造する企業 143
7.2.2.2.3 器用なロボットハンド 143
7.2.2.2.3.1 4本指ロボットハンドはロボットアームなしで使用できる 143
7.2.2.2.3.2 5本指ロボットハンドは、産業用ロボットアームだけでなく、協働ロボットアームと組み合わせて使用することができる 144
7.2.2.2.4 バキューム 145
7.2.2.2.4.1 真空グリッパーは凹凸のある大面積のワークピースを容易に扱うことができる 145
7.2.2.2.5 マグネット 145
7.2.2.2.5.1 磁気式グリッパーは他のタイプのグリッパーに比べて普及していない 145
表44 磁気式グリッパーを製造する企業 145
7.2.2.3 ロボット式スクリュードライバー 146
7.2.2.3.1 ロボットドライバーはねじ切りの際に一定のトルクをかける 146

7.2.2.4 サンディングおよびバリ取りツール 146
7.2.2.4.1 サンディング及びバリ取りツールは材料除去に使用される 146
7.2.2.5 その他 146
7.2.2.5.1 その他には特殊なエンドエフェクターとハイブリッドエンドエフェクターが含まれる 146
7.2.3 ドライブ 147
7.2.3.1 電気エネルギーを機械エネルギーに変換するドライブ 147
7.2.4 コントローラー 147
7.2.4.1 コントローラはコボットの操作に必要な指示を行う 147
7.2.5 センサー 147
7.2.5.1 センサーは計測と、情報を意味のあるデータに変換するのに役立つ 147
7.2.6 電力供給 148
7.2.6.1 ほとんどのコボットは24 Vまたは48 Vで動作する 148
7.2.7 モーター 148
7.2.7.1 コボットには軽量だが強力なモーターが搭載されている 148
7.2.8 その他 148
7.3 ソフトウェア 149
7.3.1 コボットメーカーは直感的なプログラミングソフトウェアの開発に多大な投資を行っている 149
8 協働ロボット市場、アプリケーション別 150
8.1 導入 151
表45 アプリケーション別の協働ロボット市場ランキング分析 151
表46 アプリケーション別協働ロボット市場
2017-2020年(百万米ドル) 151
図35 組立・分解アプリケーション市場、予測期間中に最高のCAGRで成長 151
表47 協働ロボット市場:アプリケーション別
2021-2027年(単位:百万米ドル) 152
表48 協調型ロボット市場、アプリケーション別、2017-2020年(台数) 152
表49 協調型ロボット市場、アプリケーション別、2021-2027年(台数) 153
8.2 ハンドリング 154
表50 ハンドリングアプリケーション用協働ロボットを提供する企業 154
表51 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場。
産業別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 154
表52 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場。
産業別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 155
表53 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(US$100万) 155
表54 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2021-2027年(US$百万) 155
表55 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場、積載量別、2017年~2020年(台数) 156
表56 ハンドリングアプリケーション用協働ロボット市場、積載量別、2021年~2027年(台数) 156
8.2.1 ピックアンドプレース 157
8.2.1.1 ピックアンドプレースタスクは初めてのユーザーにとって最も簡単なプログラミング 157
8.2.2 マテリアルハンドリング 157
8.2.2.1 マテリアルハンドリングは、モバイルユニットを使用したオーダーフルフィルメントである 157
8.2.3 パッケージングおよびパレタイジング 157
8.2.3.1 梱包やパレタイジングには中可搬質量のコボットが必要な場合が多い 157
8.2.4 マシンテンディング 157
8.2.4.1 CNC、射出成形機、ブロー成形機と一緒にコボットが使われる 157
表57 ハンドリング用協働ロボット市場、アプリケーション別。
2017-2020年(百万米ドル) 158
図36 予測期間中、マテリアルハンドリングタスクの市場が最も高いCAGRで成長 158
表58 ハンドリング用協働ロボット市場、アプリケーション別。
2021-2027 (US$百万) 158
8.3 組立・分解 159
表59 組立・分解アプリケーションに協働ロボットを提供している企業 159
8.3.1 スクリュードライビング 160
8.3.1.1 コボットはねじ回しアプリケーションに必要なトルクを扱うことができる 160
8.3.2 ナット締め付け 160
8.3.2.1 中型・大型ワークのナット締め付けに適したコボット 160
表60 組立・分解アプリケーション用協働ロボット市場、産業別、2017-2020年(単位:千米ドル) 160
表61 組立・分解用途の協働ロボット市場、産業別、2021-2027年(単位:千米ドル) 161
表62 組立・分解アプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 161
表63 組立・分解アプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2021年~2027年(単位:百万米ドル) 161
表64 組立・分解アプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(台数) 162
表65 協働ロボットの組立・分解用途のペイロード別市場、2017-2020年(台) 162
2021-2027年 (単位) 162
8.4 溶接とはんだ付け 163
8.4.1 溶接・はんだ付けは協働ロボットのニッチなアプリケーション 163
表66 溶接・はんだ付けアプリケーションに協働ロボットを提供する企業 163
表67 溶接・はんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、産業別、2017-2020年(単位:千米ドル) 163
表68 溶接・はんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、産業別、2021-2027年(単位:千米ドル) 164
表69 溶接・はんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(単位:千米ドル) 164
表70 溶接・はんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2021年~2027年(単位:千米ドル) 164
表71 溶接およびはんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(単位) 165
表72 溶接・はんだ付けアプリケーション用協働ロボット市場、積載量別、2021-2027年(単位) 165
8.5 ディスペンシング 166
表73 ディスペンシングアプリケーション向け協働ロボットを提供する企業 166
8.5.1 糊付け 167
8.5.1.1 ロボットによる接着はアプリケーションの品質と一貫性を確保する 167
8.5.2 塗装 167
8.5.2.1 コボットによる塗装は少量生産に適している 167
表74 ディスペンシングアプリケーション用協働ロボット市場。
産業別、2017-2020年(単位:千米ドル) 167
表75 ディスペンシングアプリケーション用協働ロボット市場。
産業別、2021-2027年(単位:千米ドル) 168
表76 ディスペンシングアプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2017-2020年(US$100) 168
表77 ディスペンシングアプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 168
表78 塗布アプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2017-2020年(台) 169
表79 分注アプリケーション用協働ロボット市場:ペイロード別、2017-2020年(単位
ペイロード別、2021-2027年(台) 169
8.6 加工 170
表80 加工アプリケーション向け協働ロボットを提供する企業 170
8.6.1 研削加工 170
8.6.1.1 研磨作業では、エンドエフェクタと一緒に力/トルクセンサを使用することが多い 170
8.6.2 フライス加工 171
8.6.2.1 ミーリング作業はバリ取り、面取り、およびスクレイピング作業で構成される。
8.6.3 カッティング 171
8.6.3.1 コボットは非常に小規模な切断用途に使用されている 171
表81 加工アプリケーション用協働ロボット市場。
産業別、2017-2020年(単位:千米ドル) 171
表82 加工用途の協働ロボット市場。
産業別、2021-2027年(単位:千米ドル) 172
表83 処理アプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 172
表84 処理アプリケーション用協働ロボット市場の
ペイロード別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 172
表85 処理アプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2017年~2020年(単位) 173
表86 処理アプリケーション用協働ロボット市場。
ペイロード別、2021年~2027年(台) 173
表87 加工用協働ロボット市場、アプリケーション別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 174
図37 加工アプリケーションの市場では、予測期間中、研削作業が最大のシェアを占める 174
表88 加工用協働ロボット市場、アプリケーション別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 174
8.7 その他 175
表89 その他のアプリケーション向けに協働ロボットを提供している企業 175
8.7.1 検査と品質試験 176
8.7.1.1 コボットは複雑な形状の物体を人間と一緒に検査できる 176
8.7.2 ダイキャストと成形 176
8.7.2.1 コボットは射出成形作業の自動化に最適 176
表90 その他の用途における協働ロボット市場、産業別、2017年~2020年(単位:千米ドル) 176
表91 その他の用途における協働ロボット市場、産業別、2021-2027年(単位:千米ドル) 177
表92 その他の用途向け協働ロボット市場、ペイロード別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 177
表93 その他の用途向け協働ロボット市場、ペイロード別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 177
表94 その他の用途向け協働ロボット市場、積載量別、2017年~2020年(台数) 178
表95 その他の用途における協働ロボット市場、積載量別、2021年~2027年(台数) 178
8.8 協働ロボットアプリケーションに対するCovid-19の影響 179
8.8.1 最も影響を受けたアプリケーション 179
図38 溶接・はんだ付けアプリケーションの協働ロボット市場におけるCovid-19の影響 179
表96 2019年~2020年の世界の自動車販売台数(単位) 180
8.8.2 最も影響を受けていないアプリケーション 180
図39 協働ロボット市場におけるCovid-19の影響(ディスペンサーアプリケーション) 180
9 協働ロボット市場、産業別 181
9.1 導入 182
表97 産業別協働ロボット市場規模
2017-2020年(百万米ドル) 182
図40 予測期間中に最も高いCAGRを記録するエレクトロニクス産業の市場 182
表98 協働ロボット市場規模、産業別。
2021-2027年(百万米ドル) 183
表99 産業別の協働ロボット市場規模、2017-2020年(単位) 183
表100 産業別協働ロボット市場規模、2021-2027年(単位) 184

9.2 自動車 185
9.2.1 協働ロボットは軽作業や反復作業に利用されている 185
表101 自動車産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2017-2020年(百万米ドル) 185
図41 apacの自動車産業における協働ロボット市場は、予測期間中に最高のCAGRを記録 186
表102 自動車産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 186
表103 自動車産業における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 187
表104 自動車産業における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 187
表105 自動車産業における協働ロボット市場規模。
ペイロード別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 187
表106 自動車産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2021-2027年(百万米ドル) 188
9.3 エレクトロニクス 189
9.3.1 協働ロボットはエレクトロニクス産業の小さくて壊れやすい部品を扱うことができる 189
表 107 エレクトロニクス産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2017-2020年(百万米ドル) 189
表108 エレクトロニクス産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 190
表109 エレクトロニクス産業における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2017-2020年(US$100万) 190
表110 エレクトロニクス産業における協働ロボット市場規模の
アプリケーション別、2021-2027年(百万米ドル) 190
表111 エレクトロニクス産業における協働ロボット市場規模。
ペイロード別、2017年~2020年(百万米ドル) 191
表112 エレクトロニクス産業における協働ロボットの市場規模。
ペイロード別、2021-2027年(US$百万) 191
9.4 金属・機械加工 192
9.4.1 協調型ロボットはCNCやその他の重機と一緒に使われ、様々な作業を自動化する 192
図113 金属・機械加工業における協働ロボット市場規模、地域別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 192
図42 2021年にアジア太平洋地域が金属・機械加工業で最大のシェアを占める 193
表114 金属・機械加工業における協働ロボット市場規模、地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 193
表115 金属・機械加工産業における協働ロボット市場規模、用途別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 193
表116 金属・機械加工産業における協働ロボット市場規模、用途別、2021年~2027年(USD 100万) 194
表117 金属・機械加工産業における協働ロボット市場規模:ペイロード別、2017-2020年(US$100万) 194
表118 金属・機械加工産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2021-2027年(US$100万) 194
9.5 プラスチック・ポリマー 195
9.5.1 協働ロボットは射出成形機やブロー成形機と一緒に配備される 195
表119 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模、地域別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 196
表120 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模、地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 196
表121 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模:用途別、2017-2020年(US$100万) 197
表122 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模、用途別、2021-2027年(US$百万) 197
表123 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2017-2020年 (US$100) 197
第124表 プラスチック・ポリマー産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2021-2027年(米ドル) 198
9.6 食品・飲料 199
9.6.1 協働ロボットは食品産業において一次および二次ハンドリングアプリケーションに使用されている 199
表125 食品・飲料業界における協働ロボット市場規模。
地域別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 199
図43 食品・飲料業界におけるコボット市場はAPACが最も高い成長率を示す 200
表126 食品・飲料業界における協働ロボット市場規模。
地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 200
表127 食品・飲料業界における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 201
表128 食品・飲料産業における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 201
表129 食品・飲料業界における協働ロボット市場規模。
ペイロード別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 201
表130 食品・飲料業界における協働ロボット市場規模。
ペイロード別、2021-2027年(百万米ドル) 202

9.7 家具・設備 202
9.7.1 協働ロボットは様々なピックアンドプレースやマシンテンディングのアプリケーションに使用される 202
表131 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、地域別、2017年~2020年(単位:千米ドル) 203
表132 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、地域別、2021-2027年(単位:千米ドル) 203
表133 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、アプリケーション別、2017年~2020年(US$1000) 203
表134 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、アプリケーション別、2021年~2027年(単位:千米ドル) 204
表135 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 204
表136 家具・設備産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 204

9.8 ヘルスケア 205
9.8.1 協働ロボットはヘルスケア産業の非外科的アプリケーションに導入される 205
表137 ヘルスケア産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2017-2020年(単位:千米ドル) 206
表138 ヘルスケア産業における協働ロボット市場規模。
地域別、2021-2027年(単位:千米ドル) 206
表139 ヘルスケア産業における協働ロボット市場規模の
アプリケーション別、2017-2020年(単位:千米ドル) 206
表140 ヘルスケア産業における協働ロボット市場規模の
アプリケーション別、2021-2027年(単位:千米ドル) 207
表141 ヘルスケア産業における協働ロボットの市場規模。
ペイロード別、2017年~2020年(単位:千米ドル) 207
表 142 ヘルスケア産業における協働ロボット市場規模の
ペイロード別、2021-2027年(単位:千米ドル) 207
9.9 その他 208
表143 その他の産業における協働ロボット市場規模、地域別、2017-2020年(単位:百万米ドル) 208
表144 その他の産業における協働ロボット市場規模、地域別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 209
表145 その他の産業における協働ロボット市場規模。
アプリケーション別、2017-2020年(単位:千米ドル) 209
表146 その他の産業における協働ロボット市場規模の
アプリケーション別、2021-2027年(単位:千米ドル) 209
表147 その他の産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 210
表148 その他の産業における協働ロボット市場規模、ペイロード別、2021-2027年(単位:百万米ドル) 210
9.10 Covid-19の産業界への影響 211
9.10.1 最も影響を受けた産業 211
図44 自動車産業における協働ロボット市場へのCovid-19の影響 211
9.10.2 影響の少ない産業 212
図45 ヘルスケア産業における協働ロボット市場へのCovid-19の影響 212
10 地理的分析 213
10.1 導入 214
図46 apac諸国の市場は、予測期間中に著しい成長を遂げる 214
表149 地域別の協働ロボット市場ランキング分析 214
表150 地域別の協働ロボット市場規模
2017-2020年(単位:百万米ドル) 215
表151 協調型ロボット市場規模、地域別。
2021-2027年(単位:百万米ドル) 215
表152 協働ロボット市場規模、地域別、2017年~2020年(単位) 215
表153 協働ロボット市場規模、地域別、2021-2027年(単位) 216
10.2 北アメリカ 217
図47 北アメリカ:協働ロボット市場のスナップショット 217
表154 北アメリカの協働ロボット市場、国別。
2017-2020年(百万米ドル) 218
表155 北アメリカの協働ロボット市場、国別。
2021-2027年(単位:百万米ドル) 218
表156 北アメリカの協働ロボット市場、国別では
2017-2020年(単位) 218
表157 北アメリカの協働ロボット市場、国別では
2021-2027年(単位) 218
表158 北アメリカの協働ロボット市場、産業別。
2017-2020年(単位:百万米ドル) 219
表159 北アメリカの協働ロボット市場、産業別。
2021-2027年(単位:百万米ドル) 219
10.2.1 米国 220
10.2.1.1 北米の協働ロボット市場では米国が最大のシェアを占める 220
10.2.2 カナダ 220
10.2.2.1 自動車部門への海外投資の増加が協働ロボット市場を牽引 220
10.2.3 メキシコ 221
10.2.3.1 メキシコの協働ロボット市場は、同地域で最も高いCAGRが見込まれる 221
10.3 ヨーロッパ 222
図 48 欧州: 協働ロボット市場のスナップショット 222
表160 ヨーロッパの協働ロボット市場、国別。
2017-2020年(百万米ドル) 223
表161 ヨーロッパの協調型ロボット市場、国別。
2021-2027年(単位:百万米ドル) 223
表162 ヨーロッパの協調型ロボット市場、国別。
2017-2020年(単位) 223
表163 ヨーロッパの協働ロボット市場、国別。
2021-2027年 (台数) 224
表164 ヨーロッパの協調型ロボットマーカー:産業別
2017-2020年(単位:百万米ドル) 224
表165 ヨーロッパの協調型ロボットマーカー、産業別。
2021-2027年 (US$百万) 225
10.3.1 ドイツ 225
10.3.1.1 ドイツには複数の協働ロボットメーカーがある 225
10.3.2 イタリア 226
10.3.2.1 COMAU(イタリア)は最大の可搬質量を持つ協働ロボットを提供している 226
10.3.3 スペイン 226
10.3.3.1 スペインは製造業の自動化により、協働ロボットが高い成長を遂げる 226
10.3.4 フランス 227
10.3.4.1 フランスでは、競争力強化のために協働ロボットの導入が増加しており、市場を牽引すると予測されている 227
10.3.5 イギリス 227
227 10.3.5.1 英国では自動車産業復興のための研究開発への投資が
成長の可能性が高い 227
10.3.6 その他のヨーロッパ諸国 227
10.4 アジア太平洋地域 228
図 49.APAC: 協働ロボット市場のスナップショット 228
表166 アジア太平洋地域の協働ロボット市場、国別。
2017-2020年(百万米ドル) 229
表167 アジア太平洋地域の協働ロボット市場、国別。
2021-2027 (US$百万) 229
表168 アジア太平洋地域の協働ロボット市場、国別では
2017-2020年 (台数) 229
表169 アジア太平洋地域の協働ロボット市場、国別では
2021-2027年 (台数) 230
表170 アジア太平洋地域の協働ロボット市場:産業別
2017-2020年 (百万米ドル) 230
表171 アラブ首長国連邦の協働ロボット市場、産業別。
2021-2027 (US$百万) 231
10.4.1 中国 231
10.4.1.1 2020年のAPACにおける協働ロボット市場では、中国が最大のシェアを占める 231
10.4.2 南朝鮮 232
10.4.2.1 韓国は、自動車産業やエレクトロニクス産業に相当数のコボットが導入されている 231
10.4.3 日本 232
10.4.3.1 日本は2020年のアジア太平洋地域における協働ロボット市場で第2位のシェアを占めている 232
10.4.4 台湾 233
10.4.4.1 台湾は予測期間中、協働ロボットの採用において最高の成長を遂げる 233
10.4.5 タイ 233
10.4.5.1 タイランド4.0イニシアチブが、予測期間中のコボット市場を牽引する見込み 233
10.4.6 インド 233
10.4.6.1 インドはコボット導入の巨大な市場ポテンシャルを有する 233
10.4.7 その他のアジア太平洋地域 234
10.5 列島 235
図 50 ROW: 協働ロボット市場のスナップショット 235
表172 列島における協働ロボット市場、地域別。
2017-2020年(百万米ドル) 235
図51 中近東・アフリカは予測期間中、協働ロボット市場で最大のシェアを占める 236
表173 連携型ロボット市場(ロウ):地域別
2021-2027年 (US$百万) 236
表174 連携型ロボット市場(ロウ):地域別、2017-2020年(単位) 236
表175 協働ロボットの市場:地域別、2021-2027年(単位) 236
表176 列島の協働ロボット市場、産業別。
2017-2020年(単位:千米ドル) 237
表177 連携型ロボット市場、産業別、ロウ。
2021-2027年(単位:千米ドル) 237
10.5.1 中近東・アフリカ 238
10.5.1.1 中東では自動車用の完全なノックダウンとスペアパーツの製造施設が増加している 238
10.5.2 南米 238
10.5.2.1 南米では、予測期間中に協働ロボットの導入が高成長を遂げる 238
10.6 様々な地域における協働ロボット市場へのCovid-19の影響 239
10.6.1 最も影響を受けた地域 239
図52 欧州における協働ロボット市場へのCovid-19の影響 239
10.6.2 最も影響を受けていない地域 240
図53 北アメリカにおける協働ロボット市場へのCovid-19の影響 240
北アメリカ 240
11 人間とロボットの協働作業環境(定性) 241
11.1 導入 241
11.2 安全性の高いモニターストップ 241
11.3 ハンドガイド 242
11.4 速度低下および分離監視 242
11.5 パワーとフォースの制限 242
12 コボットとIOTの統合(定性的) 243
12.1 導入 243
12.2 接続技術 244
12.2.1 イーサーネット 244
12.2.2 wi-fi 244
12.2.3 ブルートゥース 245
12.2.4 セルラー 245
12.2.4.1 4Gコネクティビティ 245
12.2.4.2 5Gコネクティビティ 245
12.3 相互運用性ソフトウェア 246
13 競争状況 247
13.1 概要 247
13.2 主要プレイヤーの戦略/勝利への権利 247
表 178 協調ロボット企業が展開する戦略の概要 247
13.2.1 製品ポートフォリオ 248
13.2.2 地域別フォーカス 248
13.2.3 製造拠点 248
13.2.4 オーガニック/インオーガニックプレー 248
13.3 市場シェア分析(2020年) 248
表179 協働ロボット市場における競争の度合い(2020年) 248
13.4 5年間の企業収益分析 249
図54 協働ロボット市場における上位5社の5年間の収益分析 249
13.5 企業評価クワドラント 250
13.5.1 スター企業 250
13.5.2 エマージングリーダー 251
13.5.3 パーベイシブ 251
251 13.5.4 パーティシパント 251
図55 協働ロボット市場(世界)、企業評価クワドラント(2020年) 252
13.6 新興企業/複数企業の評価マトリックス 253
表180 協働ロボット市場における新興企業/SME 253
13.6.1 先進的な企業 254
13.6.2 レスポンシブな企業 254
13.6.3 ダイナミックな企業 254
13.6.4 スタートアップ企業 254
図56 協働ロボット市場における新興企業/SEMの評価マトリックス(2020年) 255
13.7 企業の製品フットプリント 256
表181 会社のフットプリント 256
表182 会社のペイロードフットプリント 257
表183 企業の産業別フットプリント 258
表 184 企業の地域別フットプリント 259
13.8 競合他社の状況と動向 260
13.8.1 製品の発売 260
表185 製品の発売(2020年1月~2020年10月) 260
13.8.2 取引 262
表186 ディール(2020年9月~2020年12月) 262
13.8.3 その他 263
表187 展開(2019年10月~2020年10月) 263
14 企業プロフィール 265
(事業概要、提供製品、最近の開発状況、MnMビュー(主な強み/勝算、戦略的選択、弱みと競争上の脅威)など)*。
14.1 キープレイヤー 265
14.1.1 ユニバーサルロボット 265
表188 ユニバーサル・ロボット:事業概要 265
14.1.2 ファナック 271
表 189 ファナック:事業概要 271
図57 ファナック:企業スナップショット 272
14.1.3 ABB 277
表190 ABB社:事業概要 277
図58 ABB:会社のスナップショット 278
14.1.4 テックマンロボット 284
表 191 テックマン・ロボット:事業概要 284
14.1.5 KUKA 289
表 191 テックマンロボット:事業概要 289
図59 kuka: 企業スナップショット 290
14.1.6 斗山ロボティクス 293
表193 斗山ロボティクス:事業概要 293
14.1.7 デンソー 296
表 194 デンソー:事業概要 296
図60 デンソー:企業スナップショット 297
14.1.8 安川電機 299
表195 安川電機:事業概要 299
図61 安川電機:企業スナップショット 300
14.1.9 プレシジョン・オートメーション 303
表196 精密オートメーション:事業概要 303
14.1.10 リシンク・ロボティクス 305
表197 リシンク・ロボティクス:事業概要 305
14.2 その他のキープレイヤー 308
14.2.1 マビ・ロボティック 308
14.2.2 フランカ・エミカ 309
14.2.3 コマウ 310
14.2.4 F&P ロボティクス 310
14.2.5 Stäubli(ストーブリ) 311
14.2.6 BOSCH REXROTH(ボッシュ・レックスロス) 312
14.2.7 プロダクティブ・ロボティクス 313
14.2.8 ワイゾー 313
14.2.9 ニューラ ロボティクス 314
14.2.10 エレファントロボティクス 315
14.2.11 エリート・ロボット 316
14.2.12 KASSOW ROBOTTS 317
14.2.13 シアスン 318
14.2.14 ミップ・ロボティクス 319
14.2.15 ハンファ・コーポレーション 320
*事業概要、提供製品、最近の開発状況、MnM View(主な強み/Right to Win、戦略的選択、弱み/競争上の脅威)の詳細については、未掲載の企業の場合、把握できていない可能性があります。

15 付録 321
15.1 ディスカッションガイド 321
15.2 ナレッジストア:マーケッティング・アンド・マーケッツの購読ポータル 325
15.3 利用可能なカスタマイズ 327
15.4 関連レポート 327
15.5 著者の詳細 328

https://www.marketreport.jp/collaborative-robot-market-covid19-impact-se4480


LINEで送る
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark